次第に増える円建て貿易とFX

貿易取引を行うメーカーや商社は、FXの為替変動に対するリスクを減らそうとして、円建て、つまり手取りが円による対外取引を進めており、円建ては年々増える傾向にあります。

日本の貿易のうち、輸出の約6割、輸入の約8割が外貨建て(ドル建て)です。逆に言えば、円建ては輸出の残り4割、輸入の残り2割であり、このかぎりでは、まだまだ円建てのウエートは低いといえるでしょう。

では今後、FXの円建て貿易はどんどん進むのでしょうか?

TAMURA式・1分足ロジックFXトレード法【One Minute’s FX】(ワンミニFX)

原材料や原油取引はやはりドル建て・・・

結論から言いますと、日本の場合、とくに輸入で円建てには一定の限界があります。というのも、輸入で外貨建てが多いのは、日本は製品輸入が比較的少なく、原材料や石油など第1次産品の輸入ウエートが高いことによります。

原材料や石油などの第1次産品は、世界の商品市場での取引、つまり、ドル建てFXの取引が前提の物資だからです。ですから輸入における円建てのウエートは製品輸入が増えないかぎり、一定の限界があるといっていいでしょう。

FX外国為替の取引にも直物取引と先物取引がある

外国の通貨と自国の通貨を交換する場合のFX外国為替の取引には、直物取引と先物取引があります。

株式投資では先物という言葉は良く聞きますね。

FXも同じようにあるのですが、直物取引は取引契約成立時点での為替レートを使って、その時点ですぐに現金決済を行います。これに対して、先物取引の場合は、商品が実際に受け渡しされる将来の一時点などを定めて、あらかじめ確定した為替レートで取引を行うものです。

実際のビジネスでは、取引契約と現金の決済が行われるのに何カ月もかかり、両者の間に大幅な時間のズレがあります。その間に為替レートが大きく変動すれば支払い、受け取りの金額が変わってしまいます。

そうしたリスクを嫌って、あらかじめ確定したレートの先物取引が利用されているのです。これをリスクヘッジと呼んでいます。

◇代金の支払いが行われるのかどうかの心配を保証

インターネットも電話もない時代、遠い外国の知らない人に品物を輸出することを想像してみてください。はたして代金が回収されるかどうか、それは心配なことですよね。

実は、こうした心配を取りのぞくのが、「信用状」で、「L/C(LetterofCredit : レター・オブ・クレジット)」といい、品物を買い取る輸出先に代わって、銀行が支払いを保証してくれる便利なシステムです。

信用状に、約束の品物を船積みしたという船会社の証明(船荷証券)をつけて銀行に示せば、銀行が輸出代金を支払ってくれるのです。

◇支払いをする前に代金が受け取れる

まず、商品を輸入する側が現地の銀行に信用状を発行させ、これを品物を売る側の輸出業者に送ります。

輸入業者に十分な支払能力があるという銀行の信用供与が、信用状の持つ意味です。もちろんこれには銀行間の取引が前提となります。

輸出業者は船積み作業などの手配をすませ、信用状と船会社の証明などをそろえれば、自分の取引銀行に輸出代金の支払いを請求し、輸出先が実際の支払いを行う前に、代金を手にすることができるのです。

※参考サイト:FXねずみ小僧(次郎吉)のトレードブログ

FXの円高で目立つ影響

消費者レベルでは、FXの円高で目立つ影響が出てきます。

つまり円高になると、安価な輸入品が入ってきて消費者に有利です。国内の消費が活気づきます。

しかし、反面で輸入品が大挙入ってくるということは、国内の市場で国産品と競合することを意味します。結果、輸入品は国産品を圧迫して、国内産業の収益ダウンを招きます。

ところで、国内市場の消費者は、実は国内産業に働いている労働者でもあるのです。つまりFXで円高による国内産業の収益ダウン、また輸出産業の不振はボーナスや賃金に当然、影響を及ぼします。

すると消費者である労働者は、思うようにモノを買えません。これはひいては消費全般を冷やす結果にもなります。

反対に、円安で輸出産業が潤うと、そこに働く労働者の手取賃金が増えます。日本の有力企業は輸出ウエートが高いですから、円安は消費にはプラスに働きます。

このように輸出入、企業収益、消費など経済は、いわば「鶏と卵」です。円高・円安のメリットはデメリットを生み、デメリットはメリットを生むという、玉突き現象を起こし、その差引勘定は目本の産業構造、経済構造のあり方とも関連してきます。

実際の円高・円安が輸入の場合どんなことになるのか

実際の円高・円安が、輸入の場合、どんなことになるのかを見てみましょう。

1ドルが110円、100円、120円のパターンで考えてみます。輸大商社がグレープフルーツを輸入しています。グレープフルーツ1箱がやはりドル建てで10ドルです。

1ドル=110円なので支払 いに1100円を用意して、銀行でドルに換えます。

これに対して、FXでの為替レートが動き1ドル=100円となるとどうなるでしょう。グレープフルーツ1箱の値段は10ドルで変わりません。しかし、その10ドルは1000円で、それまでと比べて100円安くなっています。つまり円高です。

そうなると輸入商社の採算はよくなりますし、スーパーには値下げをして出荷できるかもしれません。グレープフルーツの値段が下がれば、それまでミカンやリンゴを食べていた消費者は、グレープフルーツをたくさん買って食べるようになるかもしれません。

反対にFXでの為替レートが円安になった時は、支払いは1200円になり、はじめに比べると支払いは100円余分になります。

今度は輸大商社の費用はかさんできます。社員の給料や物流費などのコストも払いにくくなってくると、スーパーに出荷しているグレープフルーツの値段を上げなくてはならなくなります。

スーパーの店頭には値段の上がったグレープフルーツが並びますが、消費者は敬遠して、ミカンやリンゴの方を買うようになるかもしれません。グレープフルーツは消費減退します。

株式投資のストックオプションとは

株式投資のストックオプションとは、自社株購人権のことで、自社株を一定期間後の将来に、事前に決められた株価(権利行使価格)で、事前に決められた株数を購入することができる権利のことです。

この権利を与えられるは、その企業の役員や従業員などです。

なぜ、このような制度があるのでしょうか? その一番大きな理由は、役員(経営者)や従業員の仕事に対する意識や意欲を向上させ、会社の業績を上げるためです。

これを具体的例をあげて説明すると、役員は就任時などに、会社と一定期間(ここでは仮に1年間)後に現在の株価(ここでは200円とする)で1万株購入する権利を有するという契約を結びます。これがストックオプションです。

契約を結んだ役員は、企業の業績を上げるため、必死に仕事をし、その努力により、その企業の業績はグングン上昇します。 すると、それにつれ、当然、自社の株価も右肩上がりで上昇していきます。

契約の1年後、企業の業績は、その役員の就任当時よりかなり上がました。役員はストックオプションを行使して、200円で1万株(200万円)を購入、これをすぐに現在の株価400円で市場に売りに出し(400万円)、差額の200万円がまるまる利益になるという仕組みです。

このように、ストックオプションをもつ人は、株式の権利行使価格よりも株価が上回っている場合、権利を行使して自社株を購入し、市場で売却することにより、値上がり益を手に入れることができます。

アメリカの経営者が莫大な収入を得ていることが報道されることがありますが、ほとんどの場合、このストックオプションによるものです。

【てつやの株】片手間副業で毎月300万円の株式投資法

ストックオプションは、役員や従業員に対する成功報酬の色合いが強いものですが、仕事に対する意識の向上が期待でき、ひいては、会社の収益向上につながり、株主の利益とも一致するものです。

日本でも、商法の改正により、ストックオプションの導入が可能となり、役員や従業員のストックオプションの権利行使に備え、自社の株を購入しておく「自社株買い」も行われています。

従業員持株制度を使った株式投資方法

従業員持株制度とは、社員が自社株を定期的に購入する制度で、購入資金の一部を補助する会社が多いようです。

この従業員持株制度は、上場会社の9割以上で導入されており、その社員の50%程度が制度を利用しています。従業員持株制度では、従業員持株会(民法にもとづいて設立される組合)を設立し、その持株会が給与や賞与から天引きされた社員の投資資金をとりまとめ、自社株を購入します。

従業員持株制度は第二次世界大戦以前から一部の会社では実施されていましたが、多くの会社でこの制度が導入されたのは、戦後の高度成長期でした。

この制度を導入するメリットは、社員が自社株を持つことにより、愛社精神が高まることが期待できたり、会社の業績が伸び、株価が上がると社員の財産形成になります。

会社にとっては、安定株主が増えることになります。

また、1口の単位が1000円と少額でも自社株を購入でき、毎月の給与や賞与からの天引きでわずらわしさがなく、知らないうちに持株数が増えることになります。

一般的に、この従業員持ち株制度に入会すると、毎月一定金額づつ自社株を購入することになります。持株数が1単元(売買単位)以上になれば持株を持ち出すこともできます。

配当金は自動的に再投資に回されます。入会や金額の変更は年1~2回受け付け、退会は自由です。

この株式投資方法は、一定の銘柄を一定金額づつ定期的かつ継続的に買い付ける方法で、「ドル・コスト平均法」といわれます。

株価が安いときには購入株数が増え、株価が高いときには購入株数が滅少し、長期的には一株当たりの購入単価は低くなります。

このように一見、従業員持株制度は良いことばかりにみえますが、1990年代後半に大手銀行、証券会社が破綻しました。そのとき、社員は株価がいくら安くなっても、まさか自らが慟いている会社が破綻するとは考えず、最後まで従業員持株制度を利用して自社株を買いつづけました。

そして会社が破綻した後、手元に残ったのは、価値が無くなった株券のみだったのです。たとえ自社株であろうと、一つの銘柄に集中投資をするのは危険です。

また、持株会には従業員持株会のほか、役員を対象にした役員持株会などもあります。

FXの為替レートを利用すれば金儲けができる?

円高・円安ということは、このように円の価値がほかの通(この場合はドルですが、ユーロや他の通貨の場合もある)に対して、価値が上がったり、下がったりすることをいいます。

このように為替が、毎日のように上がったり、下がったりしているとしたら、この為替レートの変動を利用して、うまく儲けることができると思いませんか?

まず、テレビニュースのように為替レートが円高になった時に、10ドルを1000円で買っておきます。為替レートがその後に円安にふれ、通りこして、ニュースのようになった時に、持っていた10ドルを円に交換します。

レートは1ドル=120円ですから、1200円が手に入ります。

つまり、最初の1000円は為替レートの変動で1200円になりました。200円の儲けです。

このようにFXの外国為替を利用して、レートの上げ下げで儲けを得ようとすることを投機と呼んでいます。ただし、投機というのは特別なことか、というと決してそんなことはありません。

貿易業務を行う時には外国為替がついてまわります。アメリカに商品を売れば、代金はドルで受け取るのがふつうです。また輸入の場合もドルで支払います。アメリカ相手でなく、東南アジア諸国を相手に貿易をする時も、代金のやりとりは大半がドルで行われます。これをドル建てと呼んでいます。

なぜ、ドルを使うのかというと、ドルが世界で認められた国際通貨、基軸通貨となっているからです。もちろん円やそのほかの通貨を使ってもかまわないのですが、アメリカは経済面でも軍事面でも世界一で、そのアメリカのドルの方が互いに信用できるし、長い取引でも問題はなかろう、ということで、ドルにしているのです。

ドルを持っていますと、投機を目的としていない通常の貿易でも、FXでは外国為替レートの動きで損得が生じます。それなら、うまく立ちまわってFXで儲けようとする動きは自然に出てきます。

佐野裕のマエストロFX【Maestro FX】

現在、日本の輸出の6割、輸入の8割がドル建てで行われています。このように取引がドル建てで行われる以上、外国為替のレートによって損得が出ますから、為替の問題は貿易業務では重視せざるをえないのです。

FXのブログおすすめの手法とは

FXのブログおすすめの手法とは・・・ご紹介します。FXも株式投資もそうですが、一番重要なのは市場相場全体の流れをつかむことです。

なぜFX相場が動き、大きな流れができると思いますか?・・その理由は、大量の資金を持っている大口の投資家たちが同じ考えを持っているからです。

FXの初心者さんや中級者さんにはつかめない「感覚」を、世界中のベテラン相場師たちは持っているのです。オイルマネーや年金などとてつもない多額の資金を持っている組織が動いたら、その流れは簡単には変わらないのです。

しかし、あなたは、ちまたのFXブログの記事に左右されたり、自分の何となくの好き嫌いで通貨や売買タイミングを決めていますね・・これでは、大きな津波に飲まれて死んでしまうだけです。逆らってはいけないのです。

かと言って、FX成功者のベテランでも自分の精神を100%コントロール出来る人はいませんし、あなたが今すぐベテランになれるわけでもありません。

そこで、単なる感や好き嫌いなどに左右されず、FX初心者の方でも淡々と楽しく取引できるようなシステムが必要になるのです。

FX市場は、株取引と違って24時間休み無しで動き続けます。あなたは仕事を別に持っているでしょうし、寝る時間も必要ですので、常時FXチャートを監視することも出来ないのです。精神的にも肉体的にも不可能なのです。

ですので、FXにはツールによるシステムが絶対に欠かせないのです。自動売買無くしてFXは絶対に成功しません。

FXの世界では、大きな流れをとらえてタイミングを逃さず自動売買!・・これが大前提になるのです。

Mr.BrainのFXハイブリッド・トレード・マスタースクール