侍マトリックスの自動売買FXが人気

入門者の中でもFXだけではなくて投資に挑戦するのが全然やったことがない初心者については、取引に及ぼすレバレッジの影響を正しく理解しておくことがポイントになります。たいてい初心者が大きな損害を出しているのは、初心者にもかかわらずレバレッジが高くし過ぎなのです。

取引方法に適した条件設定のFX会社をセレクトしていただくときには、取引ルールの特色があるFX会社をできれば3社契約し、そこで自分名義の口座を持っておくほうが、FXトレードをするときになって絶対に投資の役に立つものです。

人気のネット証券だと、webを介した取引のことを主要業務にしている証券会社ということ。だからこそ、かなりの額の人件費などがあまりかからなくていいのです。こんなわけで大手証券会社の手数料と比較してみると、段違いにリーズナブルな設定による売買手数料を可能にしたのです。

わかってはいてもFX会社の社会的な安全性を見極めるなんてことは、難儀するのは間違いありません。だからこそ、倒産などのリスクを避ける仕組みである、信託銀行との契約による「信託保全」の適用を受けられるかどうかが、評価の分かれ目になるのです。

裁量取引によって予想通りには投資が的中しない多くのビギナー投資家が、トレーダーの直感とか過去の経験だけを根拠に、投資で勝ち続けることの難しさに裁量の限界を感じて、明確なルールのシステムトレードでの取引に転換していらっしゃるようです。

システムトレードという言葉で、どんな印象を普通は抱くのでしょうか?FXに限らず取引をするにあたり、理論的な取引を行うルールをしっかりと事前設定して、それに基づいて実行する手法のことをシステムトレードと呼ぶのです。

ローソク足チャートは、今、相場環境がどんなポジションにあるかが誰にでも明かで、世界中で非常にたくさんのトレーダーが最も使っているチャートで、ローソクの勉強というのは、FXでは将来の動きを過去の実績などから予想するテクニカル分析を行うのであれば知っておいて当たり前の知識と言えます。

今後最近話題のFXをスタートする経験の浅い初心者の人とか、現在すでにFXの売買をしているベテラントレーダーの方のために、最新のリアルな投資家のための新鮮な為替情報やFX業者ごとの取引ツール、サービス情報の比較などを掲載しています。

最近人気のネット証券と言いますのはわかりやすく言えば、PCを介してウェブ上での売買取引が会社のメインとなっている新展開の証券会社です。店舗を持たないので取引手数料が普通の店舗型の証券会社と比較してみると、すごく低いことなどが大きな魅力です。

一番簡単なルールのHIGH&LOW型に限定してみても、それぞれのバイナリーオプション業者の、実際はトレードの条件には相違がたくさんあります。そのような条件の違いを調査。比較検討してから、バイナリーオプション業者ごとに対応した負けないための必勝法を作成してください。

入門したばかりの初心者がたくさんの中からバイナリーオプション業者を決めるのであれば、何よりも一番少ない資金で投資を行うことができる条件のバイナリーオプション取扱い業者を、チョイスするつもりで考慮していけばいいと思います。

バイナリーオプションの場合は、各バイナリーオプション業者が自社で、トレードのルールを設定する仕組みが採用されています。こんな仕組みになっているので、後悔しないように事前にしっかりと業者を比較検討した上で新たに取引口座を開くFX会社を選定するとうまくいくでしょう。

初期費用や投資資金もFXの場合よりも段違いに少なく、バイナリーオプションなら、一日に何回も真剣な勝負がやれる機会が存在するわけですから、FXをやる前に、投資のトレーニングとしてバイナリーオプションを利用する考えも成功につながります。

ダイスケのトレンド・ストライクFXはおすすめ

やはりFXだって投資には違いありませんから、間違いなく投資による危険性があるものなのです。投資で損をしないようにするには、色々な種類がある投資が持つリスクをきちんと正確に、情報収集しておくことがポイントです。

たくさんの不安を抱えた投資初心者の観点から見た、複雑なFXの疑問や心配事を優しく丁寧に案内してもらえます。普段の生活の中の視点による通貨ペア選びをはじめとして、不安が多いFX初心者の方が、不安を感じることなくFX投資をできるように助言します。

要するに投資とは、収益を得る気持ちで株式などやFXなどに、資本を投下することすべてを意味する一般的な表現。数ある投資のうち株式投資とは、公開されている株式に対する投資のことを言うのです。

まだ初心者で自信がない間は、なかなか難しいマーケットの流れを読んだり、レバレッジの影響を受けた場合の自己資金の変動に関する感覚や流れなどを把握していただくために、ます初めは可能ならあまり高くないレバレッジFX取引を申し込める取引口座を見つけてください。

やたら話題になることが多いバイナリーオプションの魅力のうち一番なのは、契約で決められた時刻になった時、推測した時の為替相場と比較した結果が、値上がりするか値下がりするかについてただ予想するのみなんていう、ものすごく単純明快なトレードということ。

投資がうまくいっているとき、さらに負けた場合も確実に見切りをつける、動じない決断ができる力が絶対に不可欠です。必要な力を発揮するために活用されている手法が、システムトレードと呼ばれる手法ということ。

口座を新設するバイナリーオプション業者を選択する際に、しばしば見過ごしてしまうことがあるのが取引ツールについてです。速くて使い易い優れたツールを提供してくれているかどうかが、勝負の結果に作用してしまうことが珍しくありません。

FXのシステムやあるいはFX取引の人気度、おまけに投資の初心者がFXで新規にトレードを始める際の危険性等、いまさら聞けないFXに関する基本的なことについて、初心者の方向けに満足できるように丁寧な説明を行いますから大丈夫なんです。ダイスケのトレンド・ストライクFXはおすすめです。

このごろよく見かけるネット証券だと、webを介した取引のことを中心の業務に位置付けて運営している証券会社であるので、かなりの額の人件費などが安く上がるのです。こんなわけでネット証券を大手証券会社を比較したら、段違いに低い株式売買手数料の設定を現実のものにしたというわけです。

要するに、FXのバイナリーオプションで取引する際、指定されている契約で1ドルが90円の場合なら、取引日の終値が先ほどの90円と比較してみて高値なのか、あるいは安値になっているのかについて推測していただくのみです。

もし初心者がFXを開始しようとするときには、いったいどういったリスクに注意を払うべきか、どうやって相場を解析すれば利益が上がるのか。利益を得るには地合いをどのようにして把握すれば成功するのかを分かるように頑張ってください。

準備する資金も一般のFXより全然少額で、一日のうちに何回もトレードがやれる機会が存在するのですから、できればFXの前に、投資の腕を上げるためのトレーニングとしてバイナリーオプションをやってみても悪くないのではないでしょうか。

入門したばかりのFX初心者は、どのチャートを使用すべきなのか、わからなくなることも少なくないのでは?ということで初心者のために「相場の流れを専門知識がなくても手軽につかむことができるチャート」を厳選して、効果の高い利用方法をレクチャーいたします。

投資の初心者向けのバイナリ―オプション業者に申し込む際の、忘れてはいけない比較項目は、可能な限りトレードの条件が簡潔でわかりやすく、戦略的にもなんだかんだとポインのことで頭を悩ませることについて心配しなくていいサービスのバイナリーオプション業者から、優先的に選択すると間違いありません。

シグナル発信ツールだったら、ドラゴン・ストラテジーFXを一番におすすめ

たくさんの中からFX会社を決めるときに、最も調査しておくべきことが、『FX会社の安全性』なのです。要するに、自分の貴重な投資資金を入金しても大丈夫だと思えるFX取引業者なのかそうでないのかを、間違いがないように判別することです。

すごい数のバイナリーオプション業者を比較検討する際のキーというのは、複数あって、ペイアウトされる倍率や取引可能な通貨ペアの数など、バイナリーオプションの結果にダイレクトに関係するような詳細を注視するのは有効です。

ハイリスクでいいからハイリターンを投資スタイルとしている一般の投資家から、最近非常に人気が集まるようになっているのが、やはりシンプルさが受けているバイナリーオプションで、シンプルなだけではなく、最速でだとわずか1分間で勝負の成り行きが判明するシステムがスタートしたということが、人気に関係しているといえるでしょう。

個人でもお手軽に参加できるバイナリーオプションは、売買の条件が簡単で理解しやすいうえ、投資家が予想できる範囲のリスクでトレードをスタートすることができるわけですから、リスクコントロールが狙いの上級の投資家のみに限らず、投資を始めたばかりの初心者などにも注目されている投資なのです。

バイナリーオプションというのは結局のところ単純な2つに1つのトレードによるものであるため、いわゆる普通のFX(外国為替証拠金取引)の場合よりも専門知識がなくてもわかりやすく、口座を作ったバイナリーオプション業者によっては、なんと50円とか100円という低い額からでもトレードできるポイントが、経験や資金に乏しい投資の初心者から評価を得ているわけです。

最近注目のFX取引は、2007年頃からのサブプライムショックの今のような不景気な状況でも、他の投資とは大きく異なって年率7から11%の運用は実現可能なものなのです。投資経験の浅い初心者の方でももちろんOKなので安心してください。さらに、経験を重ねてベテランになるころには、年率で11パーセント以上なんてことも無理じゃありません。

初心者がFX業者を比較する時には注意してください。手数料の設定だけ見るのではなく、他にもFX業者のサービス内容を把握が必要だし、万一、サーバーに負荷が掛かる事態が起きても、安定した状態のまま売買注文を続けることができるかどうかを把握しておくことも肝心です。

投資のなかで耳にするチャートパターンとは、FXなどといった投資のチャートの定型的な型とされており、チャートパターンの例としては、高値圏からの反転下落を起こす際であるとか、相場の動きがない保ち合いの場面から再び相場が動き始めるタイミングなどに、特徴のある規則性のパターンがチャートに発生するもののことを言います。

裁量取引によってどうにも投資がはずれてばかりでうまくいかない多くの投資家が、投資家の動物的な直感であるとか過去の経験だけで、連続して勝つことの難しさで裁量の取引の無理を感じて、明確なルールのシステムトレードでの取引に切り替えているのです。

できるだけバイナリーオプションとは違うトレードのことについても十分理解したうえで、どんなシステムのものがあなたが希望しているスタイルに合うのか始める前に比較してみるというのも、いいでしょう。個々の投資の魅力や長所、それに短所をすべて判別することが投資で勝つためのコツなのです。

トレーダーの支持を集めているとはいってもFXは、いろいろな投資の中で成熟しきれていない投資であるから、FX会社の経営破綻などが発生して、投資家が託した元金の全部や一部を返してくれないなんて許しがたい状況だけは、確実に防がないといけません。

近頃は、FX会社がそれぞれに、まるでプロの投資家並みの水準の高いスペックを搭載されている、相当ハイレベルなチャートツールを一般に公開しています。性能の高さに加えて操作性もかなり良好で、ツールを使ってトレンド分析する時の負担がかなり緩和することになります。それとシグナル発信ツールだったら、ドラゴン・ストラテジーFXを一番におすすめします。

かんたんなシステムで人気のバイナリーオプションの一番のポイントは、予め設定済みの時刻に達した時、推測した時の為替相場と比較をして、その結果上昇したか下降したかを予想するのみという、とても簡単なトレードということ。

FXは売買に必要な手数料について、既に大概すべてのFX会社では必要ありません。こんな事情があるので各FX会社は、発生したスプレッドを売買手数料に代わる収入としているわけなので、勝負のカギを握るスプレッドの設定が小さくしているFX会社から、うまく選択してください。

このごろ話題になることが多いFXは、株への投資よりもずっと少ない元手で非常に大きな金額の売買をすることが可能で、業者への取引手数料だってかなり低く、びっくりなのは一日中いつでだってトレードができます。こういう魅力が満載なので、初心者であっても不安を感じることなく投資に取り組むことができるのです。

FXのウオール街へのパワー・シフトとバイナリーオプションのお話

■FXのウオール街へのパワー・シフト

これまでに知ったFX市場関係者の中で、ジョージ・ソロスと並ぶ傑出した人物を挙げるとすれば、クリントン政権時代に財務長官を務めたロバート・ルービンは、間違いなくその一人です。

90年代後半の世界経済を考える上で、彼は欠かせないメンバーの一人だと言えるでしょう。

ロバート・ルービンは切れ者というそのイメージとは正反対のきわめて物静かな紳士です。もちろん、芯は非常に強いのですが、人の言うことにじっくり耳をかたむけ、決して性急な自己主張をしません。

この点では、多くのアメリカのエリートだちとはまったく違う面を持っていました。G7の大蔵大臣会合でも、彼は代理のローレンス・サマーズにアメリカ政府の発言の半分以上をさせます。この会議では、どんな優秀でベテランの代理でも、大臣に遠慮して例外的にしか発言しないのですが、ルービン・サマーズのコンビだけは別でした。

もちろん、サマーズがきわめて才能豊かな人物で、天才的な雄弁術を持っていたということもあるのですが、ルービンの内に自信を秘めた一歩引いた、どちらかというと調整型の性格によるところも大きかったようです。

調整型というと日本的リーダーという感じを待たれるでしょうが、下に任せてお神輿に乗るといったタイプではありません。充分議論を尽くして、最後ぱ自分で決断するのです。

しかし、そのためには、情報を最大限集め、逆の立場の認識も充分聞こうというわけです。

こういう哲学を侍っているからでしょうか、G7でも彼は議論することを好み、一方的演説を嫌いました。日本の大蔵大臣の中には、こういった場面での議論が苦手な人もいて、一方的に用意された原稿を読み上げたりすると、ルービンが嫌な顔をして大臣の隣の席に座っている私に「何とかしろ」とサインを送ってきたことも少なくありませんでした。

■FXとバイナリーオプションのお話

FXというのは、他に比べるとまだ歴史の浅いマーケットであるから、FX会社がある日急に経営破たんしたことによって、業者に入金していたはずのとっておきの投資資金の全部や一部が返らないなどという許すことのできないことは、適切な対応で絶対に防ぐべきなのです。

便利なネット証券というのは、街でよく見かける店舗型の証券会社ではなく一言でいえば、web上での売買をメインに行っている店舗型とは違った証券会社です。コストがかからないので取引手数料が今までの店舗型の証券会社と比較してみると、はるかに安価に設定されていることなどといった魅力があります。

人気上昇中のFXトレードを始めるのなら、いずれかのFX業者に新しく口座開設してください。ネットを活用して多くの比較サイトで比べてみることが可能ですが、まだ初心者のうちは、とりあえずは大きな会社の中からチョイスされた方が後悔しないと思います。

他の人よりも株の売買をするトレードをしている投資家の方なら、証券会社に支払う手数料は無視をするわけにはいけません。何とか購入した株価がアップした場合でも、取引の手数料を支払うと損してしまっているなんてことだって十分にあります。

本格的なトレードに全然触れたことがない人でも、基準よりも円高か円安かを当てるだけだったら、時間をかけずに気楽に挑戦できそうですね。このわかりやすさがバイナリーオプションが経験のない初心者の方でも、気軽に挑戦しやすい最大の要因と言えるでしょう。

非常にシンプルなシステムの2択による投資です。そのため普通のFX(外国為替証拠金取引)と比較して初心者にも把握しやすく、口座を作ったバイナリーオプション業者によっては、衝撃的な安値の50円とか100円という低い額からでもトレードできるバイナリーオプションならではの特徴がまだ自信がついていないトレード初心者から大人気の理由です。

1か所ではなく複数のFX業者に新規に口座を開設してから、何か所かに分けてトレードをしている方もいるのです。無料のトレードのツールや、データを提示してくれる量やその内容なども、口座を作るバイナリーオプション業者を選択する場合の大切な要素になります。MAX岩本のFX教材【デイトレMAX】解説が役に立ちます。

ローソク足(ローソクチャート)は、現在の相場がどのようなポジションにあるかが直感的に分かり、国内外の多数のトレーダーに使用されているチャートで、これを見ることは、FXにおいて将来の値動きを過去の値動きなどで予想するテクニカル分析の学ぶべき第一歩であります。

今後一般投資家に人気のFXに挑戦する投資の初心者の方や、今までにすでにFXの売買を行っているというベテランFXトレーダーの方用に、リアルな役立つ為替情報やFX業者別の提供されている取引のためのツール、そして業者の保証の比較などをご紹介いたします。

FXの初心者のうちは、素人には理解しづらいマーケットのトレンドを読んだり、レバレッジを効かせた時の資金の変動などの感覚や流れなどを把握していただくために、腕を磨くまでは可能ならあまり高くないレバレッジFX取引を申し込める口座を持っているFX取扱い業者を利用するのがおススメです。

バイナリーオプションにおける取引は、勝つのか負けるのかの2つに1しかありえないので、株などの普通の投資の勝負のように、投資した額の一部だけミスして失うとか、資金の一部だけ勝利するケースはあり得ません。

経験の少ない初心者向けのバイナリ―オプション業者を決める際の、大切な比較するべき箇所としては、売買などトレードに関するルールが単純で、戦略を考えるときいろいろとポイントについて悩むことについて心配しなくていい業者のサービスを、選択するといいのです。

FXは決して難しい理屈ではない!

FX為替の先渡ないし直先の相場は、投資の世界での大原則“無裁定”(アービトラージ・フリー)の考え方に基づき決まります。

FX為替に限らず先物/先渡やオプションをはじめデリバティブ商品は、すべてこの無裁定理論のもとで理論価格が決定します。

ここで無裁定とは、裁定により利益が得られないことを指します。もう少し詳しく言えば、裁定取引(売りと買いとを同時に組み合わせたリスクのない取引)を行っても、投資家は確定収益が得られないことを意味します。

たとえばS投資ファンドが、為替直物レートを複数の銀行に照会したとしましょう。各行からの1米ドル当たりのレート提示(bid-offer)は、A銀行が90.00-02円,B銀行は90.01 - 02円,C銀行が89.99 - 01円です。

このとき、S投資ファンドが米ドルを購入する場合は、offerの90.01か90.02円のうち比較的安いC銀行提示の90坦円を選択します。

一方で、彼らが米ドルを売却する場合には、bidの89.99から90.01円のうち最も高い90.01円を当然選びます。

その状況のもとで同時に米ドルの売りと買いとを組み合わせても、買値も売値も共に90.01円ですから、同ファンドは売買差益を得ることが不可能です。これが無裁定です。

ちなみにこのとき、FX直物レートの理論価格は90.01円となります。為替市場が十分に効率的であれば、ファンダメンタルを適切に反映したしかるべき市場価格(理論価格)が形成されます。

無裁定の例をもう1つ挙げますと、東証(東京証券取引所)と大証(大阪証券取引所)とで共通に上場されているT社株です。

投資家が同株式を東証で購入するのと同時に大証で売却しても、あるいは逆に大証で購入するのと同時に東証で売却しても、理論的には差益は得られません。

株式市場が十分に効率的であれば、東西いずれの取引所でもしかるべき市場価格が形成されます。取引所間での価格差は、理論的には生じないのです。

次第に増える円建て貿易とFX

貿易取引を行うメーカーや商社は、FXの為替変動に対するリスクを減らそうとして、円建て、つまり手取りが円による対外取引を進めており、円建ては年々増える傾向にあります。

日本の貿易のうち、輸出の約6割、輸入の約8割が外貨建て(ドル建て)です。逆に言えば、円建ては輸出の残り4割、輸入の残り2割であり、このかぎりでは、まだまだ円建てのウエートは低いといえるでしょう。

では今後、FXの円建て貿易はどんどん進むのでしょうか?

TAMURA式・1分足ロジックFXトレード法【One Minute’s FX】(ワンミニFX)

原材料や原油取引はやはりドル建て・・・

結論から言いますと、日本の場合、とくに輸入で円建てには一定の限界があります。というのも、輸入で外貨建てが多いのは、日本は製品輸入が比較的少なく、原材料や石油など第1次産品の輸入ウエートが高いことによります。

原材料や石油などの第1次産品は、世界の商品市場での取引、つまり、ドル建てFXの取引が前提の物資だからです。ですから輸入における円建てのウエートは製品輸入が増えないかぎり、一定の限界があるといっていいでしょう。

FX外国為替の取引にも直物取引と先物取引がある

外国の通貨と自国の通貨を交換する場合のFX外国為替の取引には、直物取引と先物取引があります。

株式投資では先物という言葉は良く聞きますね。

FXも同じようにあるのですが、直物取引は取引契約成立時点での為替レートを使って、その時点ですぐに現金決済を行います。これに対して、先物取引の場合は、商品が実際に受け渡しされる将来の一時点などを定めて、あらかじめ確定した為替レートで取引を行うものです。

実際のビジネスでは、取引契約と現金の決済が行われるのに何カ月もかかり、両者の間に大幅な時間のズレがあります。その間に為替レートが大きく変動すれば支払い、受け取りの金額が変わってしまいます。

そうしたリスクを嫌って、あらかじめ確定したレートの先物取引が利用されているのです。これをリスクヘッジと呼んでいます。

◇代金の支払いが行われるのかどうかの心配を保証

インターネットも電話もない時代、遠い外国の知らない人に品物を輸出することを想像してみてください。はたして代金が回収されるかどうか、それは心配なことですよね。

実は、こうした心配を取りのぞくのが、「信用状」で、「L/C(LetterofCredit : レター・オブ・クレジット)」といい、品物を買い取る輸出先に代わって、銀行が支払いを保証してくれる便利なシステムです。

信用状に、約束の品物を船積みしたという船会社の証明(船荷証券)をつけて銀行に示せば、銀行が輸出代金を支払ってくれるのです。

◇支払いをする前に代金が受け取れる

まず、商品を輸入する側が現地の銀行に信用状を発行させ、これを品物を売る側の輸出業者に送ります。

輸入業者に十分な支払能力があるという銀行の信用供与が、信用状の持つ意味です。もちろんこれには銀行間の取引が前提となります。

輸出業者は船積み作業などの手配をすませ、信用状と船会社の証明などをそろえれば、自分の取引銀行に輸出代金の支払いを請求し、輸出先が実際の支払いを行う前に、代金を手にすることができるのです。

※参考サイト:FXねずみ小僧(次郎吉)のトレードブログ

FXの円高で目立つ影響

消費者レベルでは、FXの円高で目立つ影響が出てきます。

つまり円高になると、安価な輸入品が入ってきて消費者に有利です。国内の消費が活気づきます。

しかし、反面で輸入品が大挙入ってくるということは、国内の市場で国産品と競合することを意味します。結果、輸入品は国産品を圧迫して、国内産業の収益ダウンを招きます。

ところで、国内市場の消費者は、実は国内産業に働いている労働者でもあるのです。つまりFXで円高による国内産業の収益ダウン、また輸出産業の不振はボーナスや賃金に当然、影響を及ぼします。

すると消費者である労働者は、思うようにモノを買えません。これはひいては消費全般を冷やす結果にもなります。

反対に、円安で輸出産業が潤うと、そこに働く労働者の手取賃金が増えます。日本の有力企業は輸出ウエートが高いですから、円安は消費にはプラスに働きます。

このように輸出入、企業収益、消費など経済は、いわば「鶏と卵」です。円高・円安のメリットはデメリットを生み、デメリットはメリットを生むという、玉突き現象を起こし、その差引勘定は目本の産業構造、経済構造のあり方とも関連してきます。

実際の円高・円安が輸入の場合どんなことになるのか

実際の円高・円安が、輸入の場合、どんなことになるのかを見てみましょう。

1ドルが110円、100円、120円のパターンで考えてみます。輸大商社がグレープフルーツを輸入しています。グレープフルーツ1箱がやはりドル建てで10ドルです。

1ドル=110円なので支払 いに1100円を用意して、銀行でドルに換えます。

これに対して、FXでの為替レートが動き1ドル=100円となるとどうなるでしょう。グレープフルーツ1箱の値段は10ドルで変わりません。しかし、その10ドルは1000円で、それまでと比べて100円安くなっています。つまり円高です。

そうなると輸入商社の採算はよくなりますし、スーパーには値下げをして出荷できるかもしれません。グレープフルーツの値段が下がれば、それまでミカンやリンゴを食べていた消費者は、グレープフルーツをたくさん買って食べるようになるかもしれません。

反対にFXでの為替レートが円安になった時は、支払いは1200円になり、はじめに比べると支払いは100円余分になります。

今度は輸大商社の費用はかさんできます。社員の給料や物流費などのコストも払いにくくなってくると、スーパーに出荷しているグレープフルーツの値段を上げなくてはならなくなります。

スーパーの店頭には値段の上がったグレープフルーツが並びますが、消費者は敬遠して、ミカンやリンゴの方を買うようになるかもしれません。グレープフルーツは消費減退します。

FXの為替レートを利用すれば金儲けができる?

円高・円安ということは、このように円の価値がほかの通(この場合はドルですが、ユーロや他の通貨の場合もある)に対して、価値が上がったり、下がったりすることをいいます。

このように為替が、毎日のように上がったり、下がったりしているとしたら、この為替レートの変動を利用して、うまく儲けることができると思いませんか?

まず、テレビニュースのように為替レートが円高になった時に、10ドルを1000円で買っておきます。為替レートがその後に円安にふれ、通りこして、ニュースのようになった時に、持っていた10ドルを円に交換します。

レートは1ドル=120円ですから、1200円が手に入ります。

つまり、最初の1000円は為替レートの変動で1200円になりました。200円の儲けです。

このようにFXの外国為替を利用して、レートの上げ下げで儲けを得ようとすることを投機と呼んでいます。ただし、投機というのは特別なことか、というと決してそんなことはありません。

貿易業務を行う時には外国為替がついてまわります。アメリカに商品を売れば、代金はドルで受け取るのがふつうです。また輸入の場合もドルで支払います。アメリカ相手でなく、東南アジア諸国を相手に貿易をする時も、代金のやりとりは大半がドルで行われます。これをドル建てと呼んでいます。

なぜ、ドルを使うのかというと、ドルが世界で認められた国際通貨、基軸通貨となっているからです。もちろん円やそのほかの通貨を使ってもかまわないのですが、アメリカは経済面でも軍事面でも世界一で、そのアメリカのドルの方が互いに信用できるし、長い取引でも問題はなかろう、ということで、ドルにしているのです。

ドルを持っていますと、投機を目的としていない通常の貿易でも、FXでは外国為替レートの動きで損得が生じます。それなら、うまく立ちまわってFXで儲けようとする動きは自然に出てきます。

佐野裕のマエストロFX【Maestro FX】

現在、日本の輸出の6割、輸入の8割がドル建てで行われています。このように取引がドル建てで行われる以上、外国為替のレートによって損得が出ますから、為替の問題は貿易業務では重視せざるをえないのです。