FXの円高で目立つ影響

消費者レベルでは、FXの円高で目立つ影響が出てきます。

つまり円高になると、安価な輸入品が入ってきて消費者に有利です。国内の消費が活気づきます。

しかし、反面で輸入品が大挙入ってくるということは、国内の市場で国産品と競合することを意味します。結果、輸入品は国産品を圧迫して、国内産業の収益ダウンを招きます。

ところで、国内市場の消費者は、実は国内産業に働いている労働者でもあるのです。つまりFXで円高による国内産業の収益ダウン、また輸出産業の不振はボーナスや賃金に当然、影響を及ぼします。

すると消費者である労働者は、思うようにモノを買えません。これはひいては消費全般を冷やす結果にもなります。

反対に、円安で輸出産業が潤うと、そこに働く労働者の手取賃金が増えます。日本の有力企業は輸出ウエートが高いですから、円安は消費にはプラスに働きます。

このように輸出入、企業収益、消費など経済は、いわば「鶏と卵」です。円高・円安のメリットはデメリットを生み、デメリットはメリットを生むという、玉突き現象を起こし、その差引勘定は目本の産業構造、経済構造のあり方とも関連してきます。