株式投資のストックオプションとは

株式投資のストックオプションとは、自社株購人権のことで、自社株を一定期間後の将来に、事前に決められた株価(権利行使価格)で、事前に決められた株数を購入することができる権利のことです。

この権利を与えられるは、その企業の役員や従業員などです。

なぜ、このような制度があるのでしょうか? その一番大きな理由は、役員(経営者)や従業員の仕事に対する意識や意欲を向上させ、会社の業績を上げるためです。

これを具体的例をあげて説明すると、役員は就任時などに、会社と一定期間(ここでは仮に1年間)後に現在の株価(ここでは200円とする)で1万株購入する権利を有するという契約を結びます。これがストックオプションです。

契約を結んだ役員は、企業の業績を上げるため、必死に仕事をし、その努力により、その企業の業績はグングン上昇します。 すると、それにつれ、当然、自社の株価も右肩上がりで上昇していきます。

契約の1年後、企業の業績は、その役員の就任当時よりかなり上がました。役員はストックオプションを行使して、200円で1万株(200万円)を購入、これをすぐに現在の株価400円で市場に売りに出し(400万円)、差額の200万円がまるまる利益になるという仕組みです。

このように、ストックオプションをもつ人は、株式の権利行使価格よりも株価が上回っている場合、権利を行使して自社株を購入し、市場で売却することにより、値上がり益を手に入れることができます。

アメリカの経営者が莫大な収入を得ていることが報道されることがありますが、ほとんどの場合、このストックオプションによるものです。

【てつやの株】片手間副業で毎月300万円の株式投資法

ストックオプションは、役員や従業員に対する成功報酬の色合いが強いものですが、仕事に対する意識の向上が期待でき、ひいては、会社の収益向上につながり、株主の利益とも一致するものです。

日本でも、商法の改正により、ストックオプションの導入が可能となり、役員や従業員のストックオプションの権利行使に備え、自社の株を購入しておく「自社株買い」も行われています。